水産食品科だからできる実習・実験④

水産食品科ってどんなところ

2年生になると大量生産実習と呼ばれる原料だけで約100㎏を使用して多くの商品を生産して、将来食品メーカーに入社した際に生かせるようにしていく実習です。

今回はマグロの油漬け缶詰について紹介していきます。

70-1.jpg



今回のマグロは海洋科学科の生徒が愛知丸での操業実習の際に取れたマグロを使用します。


ファイル 70-2.jpg
マグロを初めて捌く生徒も多くいますが、みんな四苦八苦しながらやっていきます。


ファイル 70-3.jpg
捌いた後はマグロを一度蒸気にあてて熱を加えます。
蒸気にあてた後は、今度は骨や皮・うろこを綺麗に取っていきます。

ファイル 70-4.jpg
骨などが綺麗に取れてら身をほぐしフレーク状にして缶詰の中に入れていきます。

ファイル 70-5.jpg
缶詰の中に身を入れたら調味料と油を投入し、巻締機で巻締工程をして殺菌して完成になります。


愛知県で缶詰の大量生産実習を行っている高校は他にもありますが、マグロの油漬け缶詰を行っているのは本校だけの実習です。

タイトルとURLをコピーしました