道の駅を活用した地域資源魅力発信事業「観光プログラム学習」

12月5日(水)、田原道の駅「めっくんはうす」にて道の駅を活用した地域資源魅力発信事業「観光プログラム学習」に参加しました。2年水産食品科から4名、1年水産食品科から3名の製造部部員が参加しました。

講師には豊橋カレーうどんの企画発案者の一人である、豊橋市観光アドバイザーである鈴木 惠子様をお迎えして、福江高校の生徒40名とともにこれからの地域の魅力を発信するためのノウハウを講義していただきました。

タイトルとURLをコピーしました